TSアパート6 ~異世界人

それぞれの事情からTS中なアパートの住人との日常会話的な短編です
荒唐無稽、上等

TSアパート・101号室

 このアパートの101号室では、異世界への扉がたまに開く。


 もちろん、六畳の和室の中央に急に現れた、見るからにいかめしいRPGのお城にでも備えていそうな扉に近づくわけがない。
 というよりも、扉がその和室に現れるたびに室内には強風が巻き起こるのでうっかりと物置きにもできない。
 貴重な一室を完全に無駄にしてしまっていた。
 が、こちらの事情などお構い無しに、異世界の扉は不定期的に、そのくせ律儀に和室に現れる。
「よっ、俺」
「よぉ、俺」
 そんな扉から現れるのは、常に、なんらかのコスプレをした女だった。
 今回は最近のRPGでも見ないような、きわどいビキニアーマー姿である。正直、どうしてこれが防具として成り立っているのか疑問すぎる露出をしていた。
「そこはほら、あれだ。露出箇所には魔法的な障壁がかかっているんだよ」
「女戦士が魔法障壁展開って、職業完全に見誤っているよな」
 なにそのMPの無駄遣い。
「まあ、そんなことはどうでもいい。とにかく聞けっ、俺の冒険譚をなっ!」
 異世界のこの女は本当は男で、しかも異世界旅行が普及している世界に住む「俺」らしい。
 なんらかの拍子に身体が女性化し、男に戻るためあちこちのパラレルワールドを旅しているそうだ。
 その途中で見つけた、俺がアパートの大家をしているこの世界を気に入ったのか、たまに現れてはこうして定期報告のようなものをしてくる。
 それは、まあいい。いくら「俺」とはいえ見た目は可愛い女の子だ。邪険にする理由がない。
 が、
「そう、そこは、魔王によって世界征服された世界だった――――」
 いきなりキタ。
 魔王という単語を至極まじめに言うものだから、なんていうか聞いているこっちが恥ずかしくなってくる。
 いい歳したアパートの管理人に、そういったファンタジックな話をされても対応に困る。しかもビキニアーマーで語られて、さ。
「魔物は我が物顔で街を歩き、男を殺し、女を犯す。人間が奴隷とされている世界だ」
「なんでそんな危険な世界に行くんだよ」
「俺が望んだわけじゃないし。『男に戻れそうな世界』をランダムに異世界旅行しているだけだからな……ああもう、俺の話を邪魔するなよ。黙って聞け」
 怒られた。
 元男の俺は自分語りがしたくてたまらないらしい。
「とにかくだ。俺はこの世界で生き延びるため、魔物と戦い、稼ぎ、武器と防具を手に入れた」
 なんで素手で魔物に勝てるんだ、コイツ。
「武器と防具を手に入れた俺は無敵だったな。行く街訪れる街、すべて魔物から開放してやった。
 途中で四天王に出会い俺はピンチになったが、幼馴染との結婚を控えた戦士ピエトロの協力で、なんとか撃退するに至った。
 ――だが、その勝利には大きな犠牲を伴ってしまう」
「ピエトロ死んでるよな、絶対」
「いいや生きてる。俺は奴の使っていた剣をその幼馴染に渡してやったんだが、その瞬間、どういうわけか幼馴染はピエトロとして蘇ったからな」
「婚約者の体を乗っ取ったのかよ」
「奴の言葉は俺の耳に今でも残っているよ。『返して、私の体返してよ!』『ひひっ、お前がいけないんだ。ボクを拒絶するカラ』。いやぁ、見事な一人芝居だった」
「ピエトロ本当はストーカーだろ。その女の子がかわいそう過ぎるわッ」
「ちなみに、ピエトロの剣は呪われていた」
「いますぐその世界に戻って彼女を教会に連れて行け。ハリーハリーハリー!」
「え~、いいじゃんか。アイツ幸せそうだったぞ。正直ムカツク。自分の体が女になったのに喜ぶとかマジ意味わかんねー」
「本音出たな、おい。自分が男に戻れないからって、他人に八つ当たりしているだろ、お前。いいからその世界に戻れッ!」
 ぐいぐいと露出過多な鎧をまとう「俺」の背中を押し、異世界への扉に押し込む。
 こいつは必ずといっていいほど、さっきまでいた世界に何らかの不幸を残してきているな。

「ちなみに今夜、ピエトロは一人で初夜を迎えるそうだ。イタイよな」
「イタイのはお前だっ」
 101号室の和室から出てくる異世界人は、全部が全部、痛々しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR