ネコス56

TSした店主の喫茶店で巻き起こる人間関係をゆるゆる描く短編SSです
基本的に後先考えず気の向くまま適当に進行しています

ネコス56

 みなさまこんにちは。
 変身喫茶ネコスの美人マスターです。エロイことが大好きなのに最近全然エロイことしていません。

 そもそも、なぜ私が女体化しているかというと、もちろんTSが大好きだからです。
 そして、TSとはエロス分が無くてはならないものだと思います。ニラモヤシ炒めに塩コショウを入れないようなものです。
 いえいえ、別に非成人向けのTSを否定しているわけではありません。
 エロスといっても「アンアンイクイク」ばかりではないのです。
 例えば、成人向けでなくとも、胸を揉むとかお風呂に入るとか、そういった部分は可能です。
 「胸を揉む」は間違いなくエロイ行為ですし、「お風呂に入る」なんてすっぽんぽんですまっぱです。
 えろく無いわけがありません。純愛ストーリでもそういったエロス分を挿入することによって、なんといいますかTSとしてのうまみが引き出せるわけで、つまりやっぱりTSにエロスは不可欠といった結論に達するわけです。
「ふいー。マスター語りましたー満足ですー」
「あんたはいつも楽しそうだなぁ」
「ユカリちゃん。人生を楽しむ姿勢こそが、人生を楽しむための秘訣です」
「なんか深いこといってるけど実は何も考えていないだろ、あんた」
「ソンナコトアリマセンヨー」
 まったく、無礼な子です。
 拾ってあげた恩も忘れてマスターを「あんた」呼ばわりしていることといい、完全に舐められています。
 ここはバイト教育のためにも、ビシリと言ってあげなくてはいけません。
「ユカリちゃん」
「なんだよ?」
「次の生理は来週ですよね?」
「いきなりセクハラ!? っていうかなんで俺の周期知ってん……だ……って」
 ユカリちゃん、固まりました。
 なぜならここは喫茶店。今日はぽつぽつとお客様もいるので、いまのユカリちゃんの絶叫はまるぎこえです。
「あははーあそこの青年、顔真っ赤です。うぶですねー」
「な、な、な、何が目的だ? コノヤロウ」
「いーえー別にー? ただ、今日はえろい日にしようと思っただけです」
 というのは半分嘘で、セクハラにかこつけてユカリちゃんを再教育です。
「あんたは本当に頭のねじが外れてるよな……」
「褒め言葉ですね?」
「どこがだ。んで? 胸でも揉むか?」
「……イラッ、です」
 さっそくきました。
 自分の両手でおっぱい抱えているその姿は大変ハアハアですがそのクールぶったTS当然系の受け答えは0点どころかマイナスです。
 TSの最大の敵。それは、「慣れ」だと思います。
 お風呂に入ってもドキドキせず、下着にもおっぱいにもこれといった反応をしない状態こそ、全TSの共通の敵です。
 人間というのはあらゆる事態にもやがて適応できるという脅威の生物ですが、適応してしまってはTSのうまみが台無しです。ニラモヤシ炒めの油抜きです。上手に炒められません。どうでもいいです。
「というわけで、今日は徹底的に、ユカリちゃんを辱めることにします!」
「意味がわからんし。というか、アンタだって女になって長いんだから、その「当然系」なんだろ?」
「ぐっ、私は、いーんです! 思考が完全に男ですから! ちゃんと女体にハアハアしていますから!」
 でもユカリちゃんは思考が男のくせに、女体を当然のように受け止めています。許しがたいです。
「というわけで、男では味わえない女のイロイロを、私の全知を駆使してユカリちゃんの身体に刻み付けてやりますです!」
「……マスター。忘れてないか?」
「お客の前だということをですか? 大丈夫です。見られプレイもTSの馬味です!」
「いや、俺、最初から女なんだけど」
「?」
「基本的に男よりの考え方だけど。一応俺は最初から女だし。女が女のイロイロをされてもTSの馬味? ってやつになるのか?」
「……がーん、です」
 そうでした。
 この娘、初対面のときこそ少年ボディでしたが、実は心身ともに最初から女の子なのでした。
 確かに言うとおり、女に女のイロイロをしても、それはただのエロ漫画です。
「ま、俺はこういう奴なんだってことで。諦めろ。な?」
「むきゃーーーー! 誰ですかこの子に男人格の設定を与えたヴァカはーーーーー!!」
 マスターは今日もエロイ事出来ませんでした。
 ……欲求不満になりそうです。

 後になって気付きましたが。
 普通の女の子でも、おっぱい揉ませろ言われたら怒るか恥らうかすると思います。
 女の子としてもTS娘としても「揉むか?」はやっぱりオカシーです。
「い、いずれ。「マスター。ああっ、い、いれてぇ……っ」と言わせてやりますです!」
「……マスターも一応女なんだから、喘ぐな。聞いてる俺が恥ずかしい」

 今日のお客様は、なかなか席を立ちませんでした。どうでもいいですが。




こいつらにエロは無理
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR