ネコス61

久々に更新
TSした店主の喫茶店で巻き起こる人間関係をゆるゆる描く短編SSです
基本的に後先考えず気の向くまま適当に進行しています
TS要素は既に形骸である。あえて言おう、ただのSSであると!

ネコス61

 みなさまこんにちは
 お師匠さんが走り回るほど忙しい季節の変身喫茶「ネコス」美人マスターです。

 ところで師匠が走り回るほど忙しい、ということは、そのお師匠さんは普段はのんびりしているということです。
 そしてここで発想の転換です。そのお師匠さんを、茶道の美少女師匠として想像してください。
 普段おっとりしていて「あらあら」が口癖っぽい美少女師匠が、この季節に、ぱたぱたと長い廊下を着物姿で走り回るのです。
 廊下で着物の裾を踏んで転ぶ姿が見えてきそうです。師匠モエー。
 まぁ、某単細胞の薄っぺらな「萌え」発言をする人間たちにはわからないでしょうけどね! ハッハッハーです。
「マスター、何だかよくわからんがアンタは今、いろんなものを敵に回した気がする」
「具体的なことは何一つ言ってないのによく敵が生まれたとかわかりますねーユカリちゃん」
「十分すぎるヒントだ。っていうか、仕事しろ。オーダー溜まっているぞ」
「ここのところご無沙汰なので性的欲求も溜まるばかりですけどねー」
 言いながら、私は料理を作る手を休めません。
 それにしても、ここ最近、よくわかりませんが「ネコス」は大盛況の大忙しです。
 いつもの閑古鳥が放し飼いされているような状態よりははるかにマシですが、それにしたって急すぎます。
「よっと、はいはい、ハンバーグセットお待ちですー」
 疑問におもっている間に、また一品つくってしまいました。
 フッ、我ながら素晴らしい出来です。
「ああ……、次はTSブレンドだ」
「アーッ、です」
「? ふざけてないでさっさと作れ」
「にゃー……ネタ発言にネタ発言で返したのにそもそも相手はネタ発言をしていなかったという恥ずかしさとショックのダブルパンチです」
「ますます意味がわから……ああ、はいはい、ただいまお伺いしまーすっ」
 会話の途中でユカリちゃんは、オーダーを取りに行ってしまいました。
 まったく、忙しいと、従業員と楽しい会話に興じることもままなりません。
「仕方がないので、ちょっとは真面目に仕事しますかー」
 私は店内から聞こえるお客さんたちの会話をBGMにして、再び厨房で働きます。
 
~~~~~~客達の会話
「まったく、信じらんない!」
「何が」
「知らないの? 今年のお祭りのこと!」
「だから何のことだ。それと声が大きいぞマイ彼女」
「マイ彼氏と趣味を共有できない苦しみ! 私は不幸ね!」
「お前がそんな豆腐メンタルか」
「脅迫状よ、キョウハクジョー。楽しみにしていた年二回のお祭りに、届いたんだって」
「ああ、そのことか」
「そのことか、じゃないでしょーに! そのおかげで、一部のジャンルが中止されちゃったのよ? それに警備も厳しくなっちゃったんだからー!」
「後ろ暗いことがなければ大した問題じゃないだろ」
「大問題よ! そもそも人の楽しみを、幸せを、夢を踏みにじる権利なんて、誰にもないんだから!(キリッ」
「おーカッコイイこというなマイハニー。主人公っぽかったぜ」
「でしょでしょ? いやーダーリンにそー言ってもらえると照れるわー」
~~~~~~~~~~~~
 え、終わりですか!?
 ヤマナシオチナシのただの愚痴漏らしていただけじゃないですかー! なんなんですか今のお客さんの声はー!
「TSブレンド出来上がりですー」
「ああ……次はミートスパだ」
「アーッ」

~~~~~~客達の会話
「これが、怪盗様のお作りになった、性転換する魔法のコーヒー豆、ですか?」
「ヒヒ、まぁな。ハトリなら、この豆を使って……なことや……なことができるんじゃないか?」
「ふふっ、ワタクシを誰と心得ておりますか? この令嬢ハトリに、不可能はございませんことよ! おーほっほっほ!」
~~~~~~
「ベタです! キャラ付けがベッタベタですあのお嬢様!」
 いまどき漫画でも「おーほっほ」なんて高笑いするキャラ見かけません! ある意味希少です! 一周してむしろ新しいです!
 そしてまた何か奇妙なフラグを立てようとしていますよあの怪人は! いい加減、回収する気の無いフラグを無造作にばら撒くのはやめて欲しいです。
「ミートスパですー!」
「ところで次はラーメンだ。コイツをどう思う」
「すごく……太いです」
「いや、太麺細麺以前に、ネコスはラーメンやってないだろ」
「にゃー! わかっているならオーダー取ってこないで下さい!」
「裏メニューがあるのかと」
「そんなのありませんよ!? 何ヶ月ここでバイトしているんですかユカリちゃんはー!」

 ……とまあ、そんな感じで。
 師走のネコスは、何だかすごいことになっちゃっています。
「お祭りは、エンジョイ&エキサイティングの精神よ!」
「そのうち祭り自体が中止。ってことにならないよう祈ろう」
「おーほっほっほっほ!」
「ヒヒヒ、頼もしいぜハトリ」
「マスター、ジャンボスリー」
「にゃーっ!」

 茶道のお嬢様師匠が走るのを見て癒されたいです……。





単細胞のCMうざいっす
特にインタビューしている奴、お前だ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR