短編「ABCオブTS」 A


良くも悪くも「影響」というものは想像を生むヒントになるようです
元ネタと言うほどのものではありませんが前回の記事にあった「ABCオブデス」に倣って
アルファベット26文字をタイトルにしたTSがテーマの短編を作っていきます
18禁要素が強いと感じたら「B」サイトで公開します



短編「ABCオブTS」

Anti  -アンチ-(反発)
「TS? なんだそれ」
 ふとした会話から自分の友人が驚くほど無知だったことを知り、俺は親切心をこめてTSというものがなんなのか説明してやった。
「性転換~? 何だよお前、ホモだったのか」
 懇切丁寧に説明したというのに、友人は明らかに小ばかにしたような口調で偏見に満ちた目を向けてくる。
 可愛い女の子になりたいというだけでなぜそんな結論が出るのか理解不能だ。
「ひょっとして俺のこともそういう目で見ていたわけ? うわーキモッ。もう近づくんじゃねぇぞオカマ野郎」
 同性愛者の次はオカマ扱いか。
 TSとホモとオカマは全部別物だ。それを理解させるためにもう一度熱心に語ってやったが、友人は聞く耳持たずに俺の前から去っていった。
 ………………

 数日後。
「なんか、女になったんだけど」
 かすかに友人の面影があるような気がしなくもない美少女が突然俺の前に現れて、そんなことをのたまった。
「こ、これって、お前の言ってたTSってやつか?」
 俺は首を盾にも横にも振らず、男物の服をまとった少女を眺める。
 たとえば友人が寝ている間に、脳移植をされたり魂が別の身体に入り込んでしまった可能性がなくはない。
 しかし少女の顔つきには若干とはいえ俺の知る男の友人の顔に似ている。
 このことから生物学的に言えばTS界変身門以下のことはいまのことろ不明だが、友人自身が女体化したと考えてほぼ間違いはなさそうだ。
「わけわかんねぇこと言ってないで早く戻せ! 戻す方法知っているんだろう?」
 美少女が可愛い声で怒鳴り散らしてもご褒美です。ほんとうにありがとうございました。
 なぜ彼……彼女がそう考えたのかはわからないが、確かに俺は古今東西あらゆる女体化状態から男の姿に戻る方法を知っている。
 友人に先を越されてTSされたのは悔しいし、ここは一つ協力をしよう。
 TSした友人に欲情をするタイプのTS好きもいるが、あいにく俺は自分自身が女の子になりたいのである。
 まずは、もっともメジャーなところでお湯を被る。
「あっつぁ~~~ッ!!」
 呪いのアイテムを拾ったのならそれが原因だ。
「何も拾ってねぇよ!」
 近況を聞いてみる。変わったことがあればそれはフラグだ。
「大学行ってバイトしてメシ食って寝るの繰り返しだ!」
 もう一つステップアップしよう。キスをするんだ。
「お前と!?」
 俺じゃなくても、たとえばカノジョでもいい。
 物語にも、キスで呪いが解けるって話がある。それと同じことだ。
 ただ、俺のようなTS好きならともかく一般人がそんな話を信じるかどうかが今度は問題になる。
「ほ、他には!?」
 あとは、セックス。
 それで男に戻るパターンも多いが、場合によってはセックス相手が性転換するかもしれない。いわゆる伝染系だ。
 その時はぜひ、俺に伝染してほしいものだが。
「それってつまり、お前とヤルってことじゃねぇか!」
 やはり嫌悪感を示した。TS娘はそうでなくてはいけない。
「うー………………よし、わかった」
 彼女はしばらく沈黙していたかと思うと、三分も経たないうちからそんなことを言った。
 「男だし、女の感じ方に興味がある」と言って堕ちていくパターンか?
「誰がお前なんかに抱かれるかボケ! 俺はホモじゃねぇ!」
 可憐な声でそう叫ぶと、友人はあっという間に俺の元から去っていった。

 数日後、女の子と腕を組んで歩く友人を見かけた。
 どうやら彼は女の身体のまま、男として生きることを選んだらしい。
 TSに最後まで反発した友人は、いまやどこにでもいる百合ップルの片割れだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR