続・「天才の憂鬱」

投票所にて以下のコメント(というかリクエスト?)があったので 遅ればせながら実行してみました

≪三題話 6「脳 液体 増殖」 (追加)
                  女同士で・・・≫

おそらく求めていたものとはまったく違う展開な上に短いものですがやってみました
女同士でナニをすると指定はなかったので(ぉ

三題話6の後日談になっています

 全人類を"僕"に統一して数年が経った。
 この天才の人格をコピーしたことで地上からは争いが消え、人々は罪を犯すことなく、平和に暮らしている。
 人類が今現在の生活水準を保つ以上、自然破壊は避けられないが、破壊より再生が上回っていれば何も問題はない。
 70億の天才が、その頭脳を平和のために使う。これ以上に素晴らしいことがあるだろうか?
 まさに僕は、この星の神になったのだ。僕ではない者は人ではない!

 なのに……。
「くっ! 隔壁はもう限界だ!」
 なのに。
「第三ブロックに火災発生! 警備システムもダウンした!」
 なのに!
「なぜだ……! なぜ、"僕"がこんなマネを!?」
 非常サイレンの鳴り響く司令室で、僕は自分の実験がもたらした結果に愕然としていた。
 同じ思想。同じ知能。同じ人格。
 異なるのは外見のみでしかなかったはずの"僕"が、僕から統治者の立場を簒奪しようとして暴動を起こしたのは数ヶ月前のことになる。
≪女は男より快楽が強く、また生命を作り出す機能を兼ね備えている≫
≪加えて女同士で交わるのは男と性交するよりも気持ちよく、男は全てにおいて女に劣ることは明白である≫
 女のみで構成された集団の声明は、そんなものだったと思う。
 納得はできないわけではない。しかし世界平和という大本の思想を忘れ、男を馬車馬扱いする連中に同調するわけにはいかなかった。
 かくして僕は、この天才の頭脳を遺憾なく発揮し、彼女たちを追放しようとした。
 どうして"僕"らは僕とズレてしまったのか。
 女同士で徒党を組んでいることから見るに、脳に問題があったのかもしれない。女の脳は理性よりも感情が先に出てくるという話を耳に挟んだ覚えがある。要するに、女はバカなのだ。
「次はそのあたりについても、研究を重ねる必要があろうな」
 ここを生き延びられればの話だが。
「第一ブロック、突破されました! 間もなく来ます!」
 オペレーターであり、唯一僕に反逆しなかった女性が悲鳴に似た声を上げる。
「"僕"……いや、助手よ。キミは脱出したまえ」
「いやですよ! エバの作中にも突入されたシーンはありましたが、誰も逃げずに戦いました!」
 彼女が"僕"になっても、教養の深さは相変わらずだ。
「生きて、ここを出ましょう。教授」
 デスクの下から取り出した小銃を脇に構え、僕に微笑みかけてくる。
 彼女は時折、僕のことを以前のように教授と呼ぶ。これも、脳の影響なのだろうか。
「……そうだな」
 天才の僕が、こんなところで死ぬわけがない。
 司令室の扉が破壊される音を聞きながら、僕は次なる知的好奇心に思いを馳せるのだった。




『違う、そうじゃない』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

   ,,...-=ミミミミミヽ、
  /ミ////////////ハ
 ./ミ;;;;;:////////////}
 {:::ミ  `ヾ/////////リ
 .{;;;;:   : :.////////ノ
 r、ミ_,,,_,,;;;::://////ソ‐,
 {iハ〔i77777ハ77777!〕:/
 ヽ.Yゝ___ノ ::ゝ_;;;;//ノ
    ',  ::i 、,//////{        ,、
    ',  ,ィ彡//////>、_____//〉
   ノヽ´ ̄;///////////////////ァ-=ュ
─''"{: : :.\_;;;///////////////////////Y
、: : : |: : : :.Y /\ //: : / ..:::".:://///////ハ
: ヘ: :.|: : : : :{'   `/: :/...:....::////////////リ
、: :ヽ:{: : : : :.}   //: :\:://////////////ハ
: \: :{: : : : :.}  /:::: : : : :\/////////////ハ
: : : ヽヘ: : : :.!/: :::::::::..: : : : :.ヽ////////////}
: : : : : \,ィ'": : :.::::::::::::::.: : : /////////////ハ
: : : :>'i: :::.:.:.: :::::::::::::::::: ://///////////////
: ://:./:∪:::::::: :::::::::::::::::///////////////////
:(;': /::: : ::::::::: ::::::::::::://///////////∠//////
Y: (:::: : : :::::: ::::::://///////////'''`ミミ:ヽ:////
.\: : : : : :::: :::////////////ノ: : :::::.: ::::://///
  /ヽ; : : : /////////-'''":{::::.: : : ::::::::::://///
. /: r.、二、:{: : : >':::::: : : ::: : :ゝ: ::.:.:::::::://///
プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR