ネコス78

なんか思いついたので久々にネコス更新します


女体化済みの喫茶店のマスターが
クセのある仲間たちとぐだぐだ会話をするだけのSSです


 みなさまこんにちは。
 喫茶店ネコスの女体化済みマスターこと美人マスターです。
 復讐は何も生まないわけではなく爽快感と自己満足が得られます。


「というわけで、鬼さんは世界に復讐をするべきだと思います」
「今日も兄さんはファンタジーですね」
 妹の青葉ちゃんが私の淹れた紅茶を飲みながら、冷静に相槌を打ってくれます。優しい子です。
「私、ファンタジーなんですか? 愛らしい妖精さんか美しきエルフか迷うところですねー」
「どちらかといえば、ダンジョンの中にいる道具屋っぽいイメージですが」
「あの人って不思議な存在ですよねー」
 勇者パーティでも苦戦するような洞窟を、たった一人でうろうろしているわけですし。
 正直、戦士などよりも仲間に欲しいです。
「それで? なぜ鬼が世の中に復讐を? 太郎ズに返り討ちされる姿しか想像できませんが」
「そう、そこなのですよ青葉ちゃん!」
「人を指差さないでください」
 ズビシッ! と青葉ちゃんを指した指が真上に無理矢理曲げられます。痛いです。
「ぽ、ポーカーフェイスのまま人を痛めつけるのやめませんか、マイシスター!」
「何を言っているんですか。こんなこと、兄さんにしかできませんよ」
「顔をほんのり赤くされながら言われても困りますねーっ!?」
 でも可愛いです。無表情キャラの赤面に萌えない人間はいません!
「それで? さっきからちっとも話が進みませんが」
「主に青葉ちゃんのせいです。……こほん。今日は節分なワケですが、私は憤りを感じているのです」
「はぁ。それは?」
「"鬼は外、福は内"って言葉にです。「鬼」という概念的とはいえ形のある存在を明確に拒絶し、一方で「福」という形のない抽象的なものを独占しようとする人間の残酷さと虫の良さにはほとほと呆れます!」
「兄さんは中二病が抜けきっていないのか、たまに自分が人間である事を忘れた発言をしますよね」
「青葉ちゃんには、一方的に鬼さんを悪者と決め付けて排除し自分の幸せだけやって来いなんてワガママな台詞を町のあちこちで聞く私の悲しみがわかりませんか!?」
「わかりませんがわかりました。要するに豆まきの呪文が気に食わないんですね」
 なんか呪文とか言いやがりましたが概ねあっているので頷きます。
 しばらく青葉ちゃんは自分のあごに手を当てて、何かを考えているような仕草をしていました。
「ふむ」
「青葉ちゃん?」
「兄さん。オニはもともとオヌといい、『鬼』ではなく『隠』という字を当てる説があるのを知っていますか」
 聡明な青葉ちゃんは私の知らない事を知っています。
 なんといっても凄いのが、ドヤ顔なんていっさいしない、そのポーカーフェイスです。知識をひけらかしているのではなく、当たり前のように語ります。
「『隠』は文字通り隠し事を示します。昔の人は隠し事をして挙動不審になる人がまるで物の怪に取り憑かれたように見えたことから、そういった秘密を持つ人間を『隠』と呼び、時代の流れと共にオニと転じたわけです」
「へー」
 説得力があるようなないような、変な話です。
 なぜ私は急に妹から古典の授業をされているのでしょう。
「さて、それを踏まえて考えると……『隠は外』。つまり『隠し事などない、ありのままの自分でいよう』といった前向きな意味に変わりませんか?」
「変わる……気がします」
「変わります。その後に続く「福は内」を含めると……『素直な自分でいよう。それが幸せを手にする方法だ』という極めて爽やかでポジティブなフレーズに変化するわけです」
「なるほど!」
 マスター得心です。開眼しました。
 つまり「鬼は外、福は内」は私の思っているような自己中心的な言葉ではなく、「こんな人物になりたい」という人生の目標を宣言していたわけですか!
「さすがですね青葉ちゃん! そんな意味があったとは知らず、表面的な字面ばかりを見て舌打ちしていた自分が情けないです!」
「わかっていただけましたか、兄さん。まぁ、嘘なんですけどね」
「鬼は外ーーーーーッ! です!」
 騙されました! すっかり信じちゃいました!
 なんですかこの妹! たまにはいい話で締めましょうよ!?

「ところで兄さん、私の女体化した彼氏を私の股間に生えた恵方巻きでヒイヒイ言わせたいのですが、アレの生えるコーヒーとかありません?」
「私は道具屋じゃねぇですーーーーーッ!」
 複雑怪奇で絶対に歪んでいる愛情を持つ妹の素直な心に嘆きながら。
 みなさま福は内、です。




超気楽
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR