TSを感じた作品について語ってみる1


私がTS的センスを感じた商業作品をいくつか並べ、
その作品の該当箇所と私見に満ちた感想を淡々と語りたいと思います
あくまで私見なので人によっては不快であったり、そもそもTSじゃねえといった可能性も存在します

また、作品のネタばれには欠片も考慮していません
それを踏まえたうえで、興味のある方はどうぞ


今日のお品書き

フェイト・ステイ・ナイト(PS2)
真月譚・月姫4・6巻(電撃コミックス)

フェイト・ステイ・ナイト(PS2)

TSジャンル……乗っ取り
萌え度……ほぼなし
展開:爺(虫)→女

シチュエーション
一人の女が夜道を歩いている。
ふと、異変に気付く。誰かにつけられている……?
不安に駆られ、逃げる女。
いつしか人気のない広場に出る。
逃げられないと悟り、ふと、足に痛み。
そして徐々に体内を食い尽くされていく感覚。
自分の内側が、別物に変わっていく。
そして彼女はやがて――――。


感想
大作のノベルゲーム。
該当箇所は第三章の序盤あたり。そこに至るまでがかなり長い。
上記のシチュエーションではさもそのまま女の身体を乗っ取るかのように書いたが、
残念ながら姿かたちはすぐに乗っ取った人物のものに変わってしまい、一気に興奮度が下落する。
ただ、乗っ取っていくまでの描写は多少痛々しいが着目すべきであり、特に最後の女の台詞が個人的にいい。
「かってにわたしの――――」このさきに続く言葉は乗っ取り完了のため発せられることはなかったが、TS愛好家の諸兄ならばいくらでも妄想が膨らませられると思う。
それだけに、肉体がすぐさま爺に変化してしまったのは惜しい。
余談であるが、この爺。終盤には孫娘の身体を乗っ取る計画があったが、計画実行の直前に息絶えるという
実に実に惜しいマネをしている。

お勧め度:星☆
痛々しい描写と、虫と、該当箇所にたどり着くまでの長い文章。そのくせすぐに萌えなくなる展開。
以上のことから、星1とする。
PC版は未プレイ。描写がよりえげつなくなっている可能性があるがどうなんだろう。



タイプムーン様繋がりで、もう一つ紹介します



真月譚・月姫4・6巻(電撃コミックス)

TSジャンル:転移・乗っ取り
萌え度:自分的には大有り
展開:ロア(吸血鬼)→エレイシア

シチュエーション
町娘であったエレイシアは転生を繰り返す吸血鬼、
ロアを転移され、肉体の自由を奪われる。
そして、一つの町で殺戮を始めるのだった。

感想
原作をノータッチの癖に漫画版を購読し、出会いに至ったシチュエーション。
そのため、原作のゲームに上記の描写があるかどうか不明。
該当箇所は昔の話のため、思い出補正で小出しにされる程度。
6巻目が特に該当描写が深く、乗っ取られる前と乗っ取られた後の光景が描かれている。
町の人々を殺していく、という展開だが、そのさい、なぜかロアは裸にマントという格好をしている。
着目のポイントは、6巻の、乗っ取られた直後に出るつぶやき。
「今回の肉体は素晴らしく魅力的だ」


お勧め度:星☆
殺戮展開や、昔話形式による該当シーンのぶつ切り。
漫画版ゆえか、心象描写も薄く、熱中度はほぼないといっていい。
以上のことから、星1とする。


――――――――
以上。うだうだ語りました。
ひと月の更新数はある法則にしたがう。というどうでもいいこだわりを持っているため、
ねたに詰まったときなど、たまにこうして語りたいと思います。
ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR