ネコス15

変身が主になっている短編SSです
後先考えずゆるい感じで進行していますが、
前々回から記憶喪失編の締めに入っているため、ちょっと空気が違います


ネコス15 ~記憶喪失編・終わり
 
 みなさまこんにちは。私が、変身願望持ち御用達の喫茶店「ネコス」店長、美人マスターです。
 お客様には大変申し訳ないのですが、今日は休業にさせてください。
 
 なぜも何もありません。
 TS娘……祖父の人格を中途半端に移植された絶世の美女がいなくなったのです。
 こんな悲惨な目にあって、なおも笑顔で働くという愚行ができましょうか!
「ううう。ユーカーリーちゃ~~~ん~~~」
 暗い店内で孤独に嘆いてみせても、ユカリちゃんは戻ってきません。
 髪の毛でも落ちていれば、クンカクンカして悲しみを和らげることも出来るのですが、彼女はこの店を出て行くときに、世話になったお礼だといって徹底的に掃除をしていきました。
 今にして思えば、ユカリちゃんは私が彼女の痕跡でハアハアすることを予測していたのでしょう。
 まったく最後までドライなツンデレでした。
 もういっそツンドラと言い換えましょう。寒い冬も平気な顔をしていた彼女にはお似合いの属性かもしれません。
「しかし、そんなツンドラっ娘でも家族には弱いのですねぇ」
 あのマッドジジイから事情を聞いたユカリちゃんは、最初こそ憤慨していましたが、悪の科学者よろしくペコペコと頭を下げる祖父に、だんだんと冷静になっていったようです。
 そして、もう二度と、絶対に人体実験はしない。そう堅くジジイに誓わせると、彼女は家に戻る決意をしました。
 私も必死で引き止めましたが、あのジジイが姑息にも泣き落としを……おおっと、いけないいけない。
 ジジイジジイうるせーですね。店に誰もいないとはいえ少しは言葉遣いに気をつけねば。
「これぞ美人マスタークオリティ!」
 …………ツッコミ無しです。さみしいです。
 数日前まではウキウキエブリディだったのに、どうしてこうなってしまったのでしょう。
「はぁ……」
 ため息が止まりません。
 きっと今頃ユカリちゃんは、あのマッドに入れられた人格を消して、普通の女の子として過ごしているのでしょう。私のことも、もう綺麗さっぱり忘れているに違いありません。
「う、ううう……」
 少し泣きます。私のことはほっといてください。

 ――カラン――

 ほっといてくださいというのに、どこかのバカヤロウが店の入り口に取り付けてある来客鈴を鳴らしやがりました。
「……今日はお休みです」
 私はカウンターにつっぷしたまま、死霊のうめきを意識してバカヤロウにご退店願います。
「「ネコス」は年中無休だろ?」
「!」
 今の声は!
「よっ」
 なんということでしょう。
 お店の入り口には、美女の癖にやんちゃさんを思わせる笑顔のユカリちゃんがいるではないですか!
「ゆ、夢ですか? 夢オチですか!?」
「現実だ」
「だだ、だって、その喋り方……お祖父さんに入れられた人格は、消したのでしょう?」
「いや、どうも消せないらしい。そのうち、元の自分と融合するって話だよ」
「融合……」
 おいしい単語きました。
 つまりこのユカリちゃんは、いずれ私の知らない本当のユカリちゃん人格と混ざり合うのでしょう。
 かといって、ユカリちゃんとして過ごしてきた記憶を忘れるわけでもない。
 二人で一つ。素敵な響きじゃないですか。
「それで、ちょっとお願いがあるんだけどよ」
 ユカリちゃんはそういいながら、自分のカバンをごそごそし始めました。
 ややあって、私に差し出されたのは、一枚のA4用紙でした。
「これ、履歴書……ですよね」
「ん……その、なんだ」
 彼女は、ポリポリと自分の頬を照れくさそうに掻きながら、
「雇ってくれないかな。もう一度」
「…………」
 やっぱり、今日はどうあっても休まざるを得ないみたいです。
「う、うううう」
 だって、こんなに泣いてては、営業なんて出来ませんもの。
「うわーーーーんっ。もちろんですよぉーーーーー!」
「ちょ、抱きつくなぁ!」


 喫茶店「ネコス」は本日休業です。
 しかしぜひ、またお越しください。
「美人マスターの私と」
「び、美人ウエイトレスのユカリが」
 楽しくお気楽な雰囲気をご用意して、心より、お待ちしております。





無駄に長ったらしい記憶喪失編、これにて終了です
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
次回からは、またゆるい空気に戻していきたいと思います

ユカリと常連との恋?
ここから先は、延長戦――というか、平行線でしょう。
たぶん、これ以上進展しません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記憶喪失編面白かったです

いつもながらのふわふわっとした雰囲気のなかにちょっと甘酸っぱい部分が垣間見れてとても良かったです~
前回で赤井さんの株が急上昇しました。くそうオイシイところ持って行きやがって・・・
ほのぼのかつドタバタなネコスの日常をこれからも楽しみにしています~
プロフィール

巫

Author:巫

・TS好きのはしくれ
・小説モドキを主に不法投棄します
・えろいといえなくもない表現を時々するため、10代前半以下の方の閲覧はお勧めしません

・当ブログのリンクはご自由にどうぞ
・ぬるい目で見守っていただければ重畳
・……上記のように妙な言い回しをする悪癖あり

・モドキとはいえ小説を公に無断転載してはいけません 常考
管理者の詳細

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2投票
無料アクセス解析
応援バナー
ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR